モテフォ

モテたいアラフォー、サラリーマンの努力と結晶。

映画のレビュー

嘘を愛する女を見て高橋一生に感情移入

更新日:

映画「嘘を愛する女」を観て、小出桔平役の高橋一生に感情移入してしまったハナシ。

目次

 

高橋一生が演じる小出桔平という不遇な人生

広島で生まれ育った小出桔平。

妻と子供の3人暮らし。平凡な家庭だ。

ある日、小出桔平が家に帰ると妻が子供を殺していた。

 

なぜ妻が子供を殺す必要があったのか?

一緒に暮らしていたのになぜ止めることができなかったのか?

 

突然の不幸、葛藤、自責の念

今の状況に耐えられなくなり小出桔平は世捨て人となり

各地を転々とする。

 

仕事もせず電車、公園、喫茶店を転々としながら、自分に問い続けている。

 

そんなある日、電車のホームで知り合ったのが長澤まさみ。

 

小出桔平のもつ深い深い愛情に長澤まさみが惹かれ

二人は一緒に暮らすようになる。

 

それにしても長澤まさみは美人やなあ。

身長168cm。

31才という年齢を全く感じさせない。。。

2300年前に同じことを語っていた

この映画をみて思い出したのがソクラテスの一言

「良妻を持てば幸福になれるし、悪妻を持てば哲学者になれる。」

 

良妻、悪妻、どちらがいいとは語っていないが、この語り口とソクラテスという哲学者からすると、恐らくソクラテスの奥さんは悪妻だったのだろう(笑)

 

悪妻に苦労することで人生の様々な出来事に悩み抜くようになり、深みのある人間へと成長するのかと思うと、長い人生で必要な時間なのかもしれない。

 

自殺未遂を繰り返した元嫁

そしてボクもまた哲学者にはなれなかったけど、結婚して苦労した側の人間だ。

 

結婚して3年ほど経ったころから嫁の様子がおかしい。

病院にも通い治療をしていたものの、薬ではどうすることもできず、ある日、寝ているボクの横で、手首を切って自殺を図っていた。

 

そんなことが2度、3度、続き部屋が血だらけになったところでギブアップ。

施設で入院することになり、退院するころには離婚させてもらうことに。

 

30年ほど生きてきて初めて人生についてちゃんと考えるようになった。

 

まとめ

仕事観、人生観、が大きくかわるキッカケとなった元嫁との結婚。

かつてであれば、周りがやっているから、CMではやっているから、そんな理由でライフスタイルを決めていた。

今は多少なりとも自分で考え、自分がいいなと思うことを手に取るように。

無意味な出世レースから抜け、自分の時間を使えるようになったのもよかったなと。

 

余った時間でそろそろ長澤まさみのような美女を見つけようかな。

 

オススメ

最近始めた出会い系アプリです。

身長168cmの女性はかなりレアキャラのようですね笑

 

もう一つオススメの出会い系アプリ。

女性のユーザが他のアプリに比べて多いような気が。



そう言えば、これもオススメでした。

職場が都内の人なら結構使えるアプリですよ。



おすすめ記事一覧

1

映画「昼顔」をみてきました。   とてもいい映画でしたので、 映画から感じた恋愛について書きたいと思います。 目次1 目次1.1 登場人物1.1.1 その1 恋愛への情熱1.1.2 その2  ...

2

あの日、あの時、ボクはやれたのだろうか? そんな昔のハナシではない。つい先週の出来事だ。   目次1 目次2 やれたかも委員会3 仕事ができるバリキャリ風女子4 ただの飲み友達と思った先週の ...

3

社会人4年目、心のスキマを埋めるべく半年近くキャバクラにお金をつぎこんだ。 が、しかし、残ったのは楽しかった思いでとその倍ぐらいの借金。   目次1 目次2 仕事以外にやることがない社会人4 ...

-映画のレビュー

Copyright© モテフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.