モテフォ

モテたいアラフォー、サラリーマンの努力と結晶。

体験レビュー

日本代表に感動した2018年夏 |サッカーワールドカップ

投稿日:

7月3日の早朝5時。

日本代表はベルギーの3点目にやられワールドカップは終了した。

ここまでの4試合。

打ち合いの中で魅せた全力プレイに感動した。

 

目次

 

 

チャレンジャー

先制点を決めたのは日本だった。

後半開始早々バタつくベルギーを尻目に原口選手と乾選手が鮮やかなゴールを決めた。

 

「これはイケる!」

早朝4時。

それまでウトウトとしていたが一気に目が覚めた(笑)

 

明らかに焦りが見えたベルギー。

選手を交代してガンガン前のめりでやってきた。

終わってみれば、2-0からの2-3。

 

4年前を思い出す。

全幅の信頼を置くザッケローニ監督。

自身を持って挑んだ前回のワールドカップは1分2敗で一時リーグ敗退。

 

今回大会は直前で不可解な理由で監督交代。

メディアから散々叩かれ勝てるのか不安視されていたが一時リーグ突破。

 

チャレンジャーとして必死に戦うことで勝てる雰囲気を作り出している。

 

特に原口選手のガッツはすごかった。

前線からガツガツと相手選手にあたりにいく。

初戦のコロンビア戦での闘志あふれるプレイは絶対チームに活気を与えていたはずだ。

 

これまでは世界の強豪に恐れをなしていたトコロを、堂々と渡り合っていた印象。

日本人選手の多くが海外でプレイしている今は世界と差がない。

そんなことを感じさせてくれるプレイ。

そしてベルギー戦で決めたビューティフルゴールに拍手。

 

打ち合い

4試合で5点。

今回のワールドカップでの日本のゴールだ。

4試合で7点。

今回のワールドカップでの失点だ。

 

打ち合いという表現がピッタリだと思う。

ワールドカップという一発勝負の場面でこれだけの失点が褒められるわけではないが。

見ているほうとしてはものすごく面白い。

点を取られてもガンガン前のめりに行く日本代表の姿勢はカッコいい。

セネガル戦では2回リードされたものの追いつき引き分けに持ち込んだ。

このあたりの精神面での強さは確実に成長したなと感じる。

 

前のめりの姿勢

ベルギー戦のロスタイム。

日本のフリーキック。

蹴るのは本田選手。

最後のチャンス。

日本代表はほとんどが相手ゴール前でチャンスを伺う。

 

シュートはキーパーに弾かれ、その後、ベルギーのカウンターにやられた。

 

前のめりが象徴的なプレイだった。

 

ふと振り返る。

自分はここまで前のめりにチャレンジしていただろうか。

 

引き分けでもいい。

PK戦でもいい。

 

どこかそんな風に考えて物事を選択していなかっただろうか。

日本代表の仕掛けていく姿に自分の現状を振り返った。

 

負けた試合ではあったがここまで見る者を感動させる瞬間はない。

日本代表に感動させてもらってばかりではなく、今度は自分の行動で、自分の選択で、自分を感動させたい。

 

まとめ

試合終了直後、キャプテンの長谷部選手がインタビューで呼ばれる。

あの冷静なキャプテン長谷部が、質問に対して全く声がでない。

選手の気持ちを象徴するシーン。

どれぐらい真剣だったかが伝わる。

 

これだけ大勢の人たちの心を動かす、サッカー面白いぜ。

 

 

おすすめ記事一覧

1

映画「昼顔」をみてきました。   とてもいい映画でしたので、 映画から感じた恋愛について書きたいと思います。 目次1 目次1.1 登場人物1.1.1 その1 恋愛への情熱1.1.2 その2  ...

2

あの日、あの時、ボクはやれたのだろうか? そんな昔のハナシではない。つい先週の出来事だ。   目次1 目次2 やれたかも委員会3 仕事ができるバリキャリ風女子4 ただの飲み友達と思った先週の ...

3

社会人4年目、心のスキマを埋めるべく半年近くキャバクラにお金をつぎこんだ。 が、しかし、残ったのは楽しかった思いでとその倍ぐらいの借金。   目次1 目次2 仕事以外にやることがない社会人4 ...

-体験レビュー

Copyright© モテフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.