モテフォ

モテたいアラフォー、サラリーマンの努力と結晶。

婚活

婚活で疲弊する人達 | 出会う人を見極めろ

投稿日:

婚活で疲弊する人を多く見る。

婚活初めてすぐベストな人を見つけて成婚する人もいるが全体では10%程度。

大半は1年から2年ぐらいの長期スパンで戦っていく世界。

とにかくたくさんの人に会えばなんとかなるという古臭い考えが婚活の疲弊に大きく影響している。

疲弊している方にお伝えしたいはなしです。

 

 

目次

下記に示す表は婚活サービスの在籍期間と掛かった費用をまとめたものだ。

 

※三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調べ

 

無事相手が見つかって退会する人で平均1年ちょっと。

相手が見つからないけどギブアップした人もほとんど同じぐらい。

 

掛かった金額で見ると、

相手が見つかって成婚する場合は成婚料が発生するので平均30万。

まあ、成婚料は嬉しい悲鳴というべきだろう。

相手が見つからない、ギブアップした人でも月額利用料があるので12万弱。

 

婚活していく上で金銭面の負担も大きいがそれ以上なのが、見ず知らずの人と月に2,3回も会っていかなくてはいけないという精神的な負担もそれ以上に大きい。しかも一年近く。

 

お見合い

婚活サービスに登録したことがない人にお見合いという仕組みをお伝えしたい。

 

婚活サービスに入会するとまずはプロフィール登録をする。

プロフィールを見ていいなと思う異性を決めてお見合いを申し込みする。

もしくは婚活サービス側からオススメの異性を紹介してもらう。

 

双方で会ってみようとなると婚活サービス側で日程調整。

いい婚活サービスだと場所も決めてくれる。

その代わりというわけではないがお見合い料として5000円〜10000円毎回取られる。。。

 

大抵は立派なホテルのラウンジでお見合いをする。

男性はスーツ、女性はドレスアップして向かう。

 

そして当日会って1時間ぐらい会話して解散。

お互いがいいなと思ったらお互いがそれぞれ婚活サービスに連絡して。

両方OKとなり初めて連絡先を交換できる。

 

何が言いたいかというと、電話もメールも全くせず、全然素性がわからない人と会うのだ。

それだけで十分疲れる要素だし。

 

ホテルのラウンジ、おしゃれしてって。

仕事帰りに居酒屋で軽く一杯なんてノリとは全然違う。

 

そもそもこの広い世の中で自分と価値観が合う人なんてどのくらいいるだろうか?

諸説あるがだいたい10%がいいところだ。

要は10回お見合い料を払ってようやく1人と出会える計算。

出会う前に疲れる人が多数現れるのも無理はない。

 

月に1回お見合いをしていたとして出会えるまで10ヶ月。

成婚して卒業するまで13ヶ月という調査結果からしてもまあ打倒な計算だ。

 

選別(スクリーニング)の重要性

婚活において最重要課題が、この不要なやり取りをどれだけ削減できるかだと思う。

対して盛り上がらない会話ほど苦痛なものはない。

一発で見つけたい。

 

そのために大事なのが選別だ。

10人ぐらいいいなと思った異性から1人に絞り込む。

 

この絞り込みが上手な婚活サービスがこれからも長く生き残っていくと思う。

またそれは業者に任せっきりにするのではなく自分たちでも見極める力を身に着けていきたいところだ。

だって、自分のことは自分が一番知っているハズだから。

 

そのためにはお見合いをするまでに十分なメール、電話でのやり取りができるように婚活サービスは改善すべき。

 

まとめ

10人に1人しか理想の相手はいないという現実を踏まえて効率よく婚活サービスを活用していきたい。

10回もお見合いを全力でやったら疲れてしまうのはみんな同じなので。

 

 

 

 

おすすめ記事一覧

1

映画「昼顔」をみてきました。   とてもいい映画でしたので、 映画から感じた恋愛について書きたいと思います。 目次1 目次1.1 登場人物1.1.1 その1 恋愛への情熱1.1.2 その2  ...

2

あの日、あの時、ボクはやれたのだろうか? そんな昔のハナシではない。つい先週の出来事だ。   目次1 目次2 やれたかも委員会3 仕事ができるバリキャリ風女子4 ただの飲み友達と思った先週の ...

3

社会人4年目、心のスキマを埋めるべく半年近くキャバクラにお金をつぎこんだ。 が、しかし、残ったのは楽しかった思いでとその倍ぐらいの借金。   目次1 目次2 仕事以外にやることがない社会人4 ...

-婚活

Copyright© モテフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.