モテフォ

モテたいアラフォー、サラリーマンの努力と結晶。

出会い系アプリ

美人に弱い男のサガ | 1日40件のメッセージ受信してもなお

投稿日:

最近、アポで待合せする前に「どうせ可愛くない子なんだよな」とすねている自分がいる(笑)

理由はどうやら美人に対して相変わらずの負け意識があるからだった。。。

 

目次

 

 

美人とのアポでの心がけ

とある大先輩が言いました。

 

男は昔から美人に対して負け意識が強い。

どうしても美人を目の前にするとビビッてしまう。

美人とブサイクに差はない。

ただ顔の筋肉が違うだけだ。

目力なんてものもない。

勝手に作り出した幻想だ。

 

深い。

実に深い。

自分もそう思って今までアポをやってきたが圧倒的に負け意識が強いということがペアーズを始めて3週間ようやく気付いた。

 

 

1日40件の受信メッセージと返信と

 

ここ3週間のメッセージ受信件数推移だ。

マッチ件数が増えメッセージのやり取りが増えるので時間が経つほどに受信件数も増える。

だいたい1日に40件は受信している。

初回のメッセージ送信も含めると1日平均50件は送っているだろう。

 

3分も考えて返信するとそれだけであっという間に時間がなくなる。

アポがメインなので仕事→アポ→メッセージ返信の優先順位。

 

いかに早く効率よくアポまでもっていくのかがメッセージ段階で求められる着地。

 

ここで問題となるのがやはり美人。

美人のトプ画が表示された瞬間に思考が固まり返信速度が一気に遅くなる。

 

考える→長くなる 悪循環

常々意識している。

 

「女に困っていない」

「大人の余裕」

 

具体的な行動としてはバランスの良いS、ユニークさをメッセージに差し込み雰囲気を作り上げる。

ユニークさを出し過ぎて、ガチ婚活勢が引いていく瞬間もあるがどのみちその子は即るところまでいけないので引いていくのはOK。

 

普通のたいして可愛くない女性にはようやくできるようになってきた。

が、美人相手だと急に弱気になりメッセージに悩む。

 

あまりぶっこみ過ぎてもまずいな。

と、無難なメッセージに終始する。

すると飽きられて消えていく。

 

もう少し丁寧にやり取りしないと。

と、説明書きっぽい長い文章を書く。

すると重たくなり消えていく。

 

次の日、返信が帰ってこないのを確認して凹む。

 

最近アポで可愛い子が現れない理由がやっとわかった(笑)

なんとも夢のないハナシをしてしまっている。

 

 

とにかく慣れる

どうしたら美人を「顔の筋肉の問題」と割り切れるか。

とにかく慣れるしかないんやろうなあ。

 

事故のような美人とセックスを何度か経験するうちに自分の中で美人のランクを下げる。

美人に価値をなくす。

いつもの思考でいつものメッセージを放れるように結果が出始めるのだろう。

 

それはそれでドキドキしなくなるから何のためにやってるのかわからなくなるが。

 

 

まとめ

美人に対してへた打ちしまくっている現状がわかっただけでも収穫あり。

半年かけて自分の基準を変えていく。

 

本当は女の子のレベル分けみたいのもよくないのだろうなあ。

勝手にスト7とか言って自分の負い目を作ってへた打ちしてはただの自爆。

全員スト5。

これが女の子と仲良くなるベース。

 

 

 

おすすめ記事一覧

1

婚活と称して3か月間で42アポしてきた。 激動の3か月間を具体的な数字をもって振り返ってみたい。 スケジュールの多忙と既存のフォローで手一杯のためしばし婚活市場からは離れるが再び戻るときの参考にしてお ...

2

アポ35人目の振り返り。 1時間ちょっとのアポ中に30回は言われた「500いいねやばいっすね」 メンドクサイのを引いてしまった。。。     目次1 目次2 35人目はこじらせ女子 ...

3

昨日も昨日とてアポ打診したものの断れれ家でアプリをポチポチ。 効率化を目指しているはずが一人の女性にもてあそばれる(笑)   目次1 目次2 食いつきある子に絞るのが基本路線3 アポ打診2連 ...

-出会い系アプリ

Copyright© モテフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.