モテフォ

モテたいアラフォー、サラリーマンの努力と結晶。

フィールドレポート

新宿駅西口 | 女性を科学する

更新日:

前回までのあらすじ

 

合コンで仲良くなったBちゃんとCちゃん。

Bちゃんとセックスまで行き

次なるターゲットはCちゃん。

はたしてその結果は、、、

 

新宿に着いた。

ちょうど帰宅ラッシュとぶつかる時間帯だ。

 

仕事が終わってほっとしている人もいれば

これから会社に戻るのだろうか?

携帯電話で一生懸命なにかを報告している

サラリーマンもいる。

 

色んな人たちを飲み込んでいる新宿という駅。

それにしても構内は複雑だ。

実家の駅をイメージして東口から西口に

移動しようとするとそこは地獄。

一生をつかってもたどり着かないのだろうか?

と、不安に駆られるくらい歩く。

 

 

 

新宿も東口と西口では大きく様子は異なる。

ビックロがあったりドン・キホーテがあったり

3丁目のような眠らない街もあれば

2丁目のような怪しい雰囲気の街でもある。

新宿というと東口のほうが有名だ。

 

 

 

それに対して西口はオフィスと

ホテルがメインでそれに付随して

食事ができる場所があるといった感じだ。

 

どちらかというと

西口の方が落ち着いてて

ボクも西口のほうが好きだ。

 

 

 

今日は西口でCちゃんと食事だ。

事前のLINEのやり取りではいい雰囲気だった。

よっぽどのヘマをしない限り、

最後まで行けるだろうと踏んでいた。

 

 

待合せ場所に向かうとCちゃんは既にいた。

 

 

カジュアルな服装で、

まさに普段着という感じだ。

 

 

 

 

そういえば合コンのときも

一人わりかしラフな感じの服装でいたなあと

思い出した。

 

 

「久しぶり~、仕事早く終わったんだね」

「そうなんです、ダッシュで来ました。

 まだ若干残ってるんで明日頑張ります!」

 

 

 

うんうん、雰囲気はいい。

 

ときに、

「仕事が忙しくて行けません」

 

といってドタキャンされることも多々あるが、

大体のケースで食いつき不足があげられる。

会った時に食いつきをしっかり上げられれば

当日の仕事の忙しさはアポに影響ない。

 

 

 

お店に入って乾杯をする。

 

 

おしゃべり好きなCちゃん主導で会話はすすむ。

 

どうやら女子高だったらしく、

幹事だったYちゃん、

こないだデートをしたBちゃんと

放課後よく遊びに行ってたらしい。

 

 

大学に入ってからはサークル活動を始めて

そこでも充実した日々を過ごしてたらしく

お酒の力もあってか話ははずむ。

 

 

 

ボクは正直、高校時代や大学時代が

どんなだったかは興味なく、

その場を盛り上げて次のステップへ

つなげることにしか意識はなかった。

 

 

 

会話を盛り下げない程度に

うなずきをいれる。

 

 

かつては一生懸命聞いて

合いの手を入れていたが、

女性の大半は喋りたいだけで、

意見なんぞ求めていないらしい。

 

 

 

自分の話に共感してもらいたいだけ。

なんとも自分勝手なと思いながら、

その方がいい関係を構築できると知ってからは

ボクも割り切っている。

 

 

仕事仲間ではそうではないが。

 

 

話の流れを変える。

 

「Cちゃんはどんな男と付き合ってきたの?」

 

 

過去の恋愛遍歴からどんなタイプを

求めているのか探る流れだ。

 

 

さあ、どんな反応が返ってくる?

 

 

さあ、

 

 

 

、、、、さあ?

 

 

 

 

 

返ってこない。

 

 

「いやあ、あんまり付き合ったことなくて、、、」

 

 

 

言葉をにごすCちゃん。

 

先ほどまで盛り上がってた空気が一気に下がる。

 

いくつか考えられる。

 

・本当にほとんど付き合ってこなかった

(あるいは付き合った経験がない)

 

・いい思い出がない。

(別れた原因を彼氏に全部押し付けるタイプ)

 

・一線超えることに逃げている

 

 

最近のゆるふわOLでは3つ目の

ケースも多々あるようだ。

ボクの女友達から聞いた話だが。

 

 

 

そういうめんどくさい展開になると

ササっと逃げてしまうらしい。

 

 

戦国時代だったら有り得ない展開だ。

織田信長の妻、濃姫は14歳

豊臣秀吉の妻、高台院も14歳

徳川家康の妻、築山殿は15歳

 

 

平安時代までさかのぼると

13歳ですでに嫁いでいたらしい。

 

 

嫁いだ先で早く跡取りを残して

その功績で自分の地位を築くのが

昔の女性の戦略だったから

そりゃ早いうちから動くに決まっている。

 

 

 

現代では選択肢が多すぎ、

生きていくのには困らない世の中。

 

 

結婚してもしなくても、

子供を作っても作らなくても

死にはしない。

 

 

選択肢が増えた分、悩みも多くなったのかと

感じる今日この頃だ。

 

 

女性たちも

「早く結婚したいな~」

と、口にするものの

実際そこまで踏み切るほどの強いものはないのが

かなりの心持だろう。

 

 

 

ただ我々男性も日々変化している。

そういったゆるふわOLちゃん対策用の

会話術というかセリフを用意している。

先人たちが築き上げてきたものだ。

 

ナンパ師や恋愛工学生の間では

よく「ルーティン」と呼ばれているヤツだ。

 

 

ボクも先人たちに感謝の思いをはせながら

ルーティンを使わせていただく。

 

 

「ルーティン 三大欲求」

 

次の記事

新宿デート | 恋愛テクニック

前回までのあらすじ   合コンで仲良くなったBちゃんとCちゃん。 首尾よくBちゃんとセックスに持ち込み 自信たっぷりにCちゃんとデート。 そこで繰り出す恋愛テクニックの行方は、、、 &nbs ...

続きを見る

 

前の記事

合コンの夜 その3 ~イルミネーションは魔法の光~

本日の記事は、   合コンの夜 その1 ~少年よ大志を抱け~ 合コンの夜 その2 ~二兎追うもの二兎得る~   こちらの続編となります。 よろしければそちらから先にご覧ください。 ...

続きを見る

 

続く

 

P.S.

久しぶりにアメトーーク!を見ました。

自分の家には置き場がなくTVを売っぱいましたが、

彼女の家に泊まったのでたままた見たのですが。

 

 

あれだけの芸人さんが集まると面白い。

若手の芸人がひな壇でいじられつつ、

ベテランの芸人が上手く拾って話をまとめてて

実にバランスがいいなと思いました。

 

 

 

 

しかもスポンサーが

コカ・コーラ

ジョンソンエンドジョンソン

三井住友銀行

などなど、そうそうたる企業が入ってて

お笑いのコンテンツ力の高さを感じた夜でした。

おすすめ記事一覧

1

映画「昼顔」をみてきました。   とてもいい映画でしたので、 映画から感じた恋愛について書きたいと思います。 目次1 目次1.1 登場人物1.1.1 その1 恋愛への情熱1.1.2 その2  ...

2

あの日、あの時、ボクはやれたのだろうか? そんな昔のハナシではない。つい先週の出来事だ。   目次1 目次2 やれたかも委員会3 仕事ができるバリキャリ風女子4 ただの飲み友達と思った先週の ...

3

社会人4年目、心のスキマを埋めるべく半年近くキャバクラにお金をつぎこんだ。 が、しかし、残ったのは楽しかった思いでとその倍ぐらいの借金。   目次1 目次2 仕事以外にやることがない社会人4 ...

-フィールドレポート

Copyright© モテフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.