モテフォ

モテたいアラフォー、サラリーマンの努力と結晶。

フィールドレポート

新宿デート | 恋愛テクニック

更新日:

前回までのあらすじ

 

合コンで仲良くなったBちゃんとCちゃん。

首尾よくBちゃんとセックスに持ち込み

自信たっぷりにCちゃんとデート。

そこで繰り出す恋愛テクニックの行方は、、、

 

「ルーティン 三大欲求」

 

先人たちの教えでボクが使っているルーティンだ。

 

「Cちゃんはセックス好き?」

「うーん、、、うーん、、、

 わからない」

(嫌いと言ってくるケースは

ルーティンここで終了)

 

「じゃあ、話はかわるけど、

Cちゃんの好きな食べ物は?」

「アイスクリーム!」

 

 

 

「おー、そうなんだ。

ぼくもアイス大好き。

ときどき帰り道コンビニ寄って買って帰るよ。

食べてるときって幸せだよね。」

「うん、めっちゃ癒される~。

 一日に一個は食べたい。」

 

 

 

「こないださー、買ってきたアイスを

部屋に置きっぱなしにしてたら、

あっという間に溶けちゃって。

食べてみたら変な味したんだよねー」

「うわっ、それやだー。

 あたしもそうなったらあきらめて捨てるな」

 

「ねえねえ、Cちゃんは知ってる。

昔の人が言ってたんだけど、

人間には3つの欲求があるんだって。

一つはさっき言った食欲と、

あとは寝ること。

 

布団からなかなか出られないのは

寝るのがみんな大好きだから。

そしてあとは性欲。

本当はみんなセックスして

幸せ感じるみたいだよ。」

「うーん、、、」

 

 

 

「さっきのアイスの話じゃないけど、

もしかして、Cちゃん、

溶けちゃったアイスのように

あまり楽しくないセックスを

今までしてきたのかもね。

それは男性の問題でもあるんだけど」

「うーん、、、」

 

 

 

「あっ、別にボクとしてって

意味じゃないけど、

もしセックスに楽しいとか幸せな

イメージなかったら

もったいないなって思って」

 

 

 

さあ、どうだ?

決まったか?

 

 

 

いい、リアクション返ってくるか、、、

 

 

 

「うーん、、、でも確かにそうかも。

 私の周りの女の子たちもよく

 話をして盛り上がってるんだけど、

 私はあまり楽しくなくて

 話についてイケてない、、、」

 

 

 

いい反応だ。

価値観を少し変えることができたようだ。

 

 

そのあとも会話は盛り上がる。

 

 

多少、セクへのアプローチができたが、

ただ正直、今日の今日では難しいのだろうか?

 

なんとなくそんな気がしたので

今日は撤収。

 

 

もう少し時間をかけて関わっていこう

そう思って駅で健全解散をした。

 

 

 

1週間後。。。

 

 

 

CちゃんからLINEがやってくる。

 

「いくたさん、相談がありまして!

 今週どこか空いてませんか?」

 

 

相談?なんだろな?

ゆるふわOLちゃんには珍しく

積極的にアプローチか?

 

真相を探るべく会うことに。

 

 

その日は東京駅近くで仕事だったので

駅の近くのスターバックスで会うことに。

 

 

先に注文して席を確保する。

遅れて到着するCちゃん。

 

 

表情がかたい。。。

和気あいあいという雰囲気ではないことは

ニブいボクでも気づく。

 

 

「おいーっす。元気してた~」

「、、、」

 

 

しばし沈黙。

のどが渇く、、、

 

 

「あの、、、

 年末に女子会したんです。

 女子たちで集まって忘年会。」

「いいなあ、楽しそう」

 

「そこで聞いたんですよ、

 いくたさん、Bちゃんとご飯食べに行ったって」

 

 

やはりバレたか。

時間の問題とは思っていたが。

やむなし。

案件から手を引こう。

 

 

出会いはいくらでもある。

ややこしい展開にして

傷口を広げるよりも

新規案件を探す方がコストは低い。

 

 

 

そう頭をよぎりCちゃんの顔をみたら

堰を切ったように話始める。

 

 

どうやら、忘年会で

Bちゃんがみんなに行ったらしい

「ボクとご飯食べに行って楽しかった」と。

 

 

それを聞いたCちゃんは、

私も行ったというのを話したかったが

話せるような空気ではなかったらしく

モゴモゴしてその場は終わったらしい。

 

 

 

「なんで二股かけるんですか?」

「どっちかにハッキリ決めてください!」

 

 

矢継ぎ早に質問が飛んでくる。

 

 

 

理由などない。

目の前に年頃の女性がいたから

声をかけただけだ。

 

大半の男なんぞそんなもんだろう。

理由がないと動けないのか?

 

 

 

話は変わるが、

生涯未婚率が年々上昇しているらしい。

最近のニュースだと男性で23%だとか。

 

 

 

生涯結婚せず人生を終えていく人たちだ。

もしかしたら彼らは

女性を誘うのにもっともらしい理由がないと

誘えない人種なのかもしれない。

 

 

それを否定する気はないが、

確実に人類が縮小していく流れに

なることは間違いないだろう。

 

 

 

太陽が東から昇って西から沈むのに

理由がないのと一緒で、

男と女がくっつくのに理由なんてない。

 

 

 

理由を求めるほうこそ身勝手な話だ。

 

 

「私はいくたさんのこと信頼してたのに」

 

 

(おいおい、まだ3回しか会ってないだろ)

 

 

「私はいくたさんのこと好きなのに、

 どういうつもりなんですか?」

 

 

(まだセックスもしていないのに

なぜ好きなんて言えるんだ??)

 

 

話しは終わらない。

 

 

 

 

スターバックスは22:30で閉店となり、

ボクらはお店から出た。

 

 

 

お店から出たCちゃんはドアの前から一歩も動かない。

 

滅多に経験しない状況だけに

ボク自身もどうやって収束させようか

考えるもののなかなかいいアイデアが

思い浮かばない。

 

時間は刻一刻と経過する。。。

 

次の記事

東京駅デート | 泥沼カップル

前回までのあらすじ   合コンで仲良くなった女性二人をデートに誘ったところ 裏でバレたいくた。 Cちゃんから尋問を受けて対応に困る、、、     東京駅は思い出の駅だ。 ...

続きを見る

 

前の記事

合コンの夜 その3 ~イルミネーションは魔法の光~

本日の記事は、   合コンの夜 その1 ~少年よ大志を抱け~ 合コンの夜 その2 ~二兎追うもの二兎得る~   こちらの続編となります。 よろしければそちらから先にご覧ください。 ...

続きを見る

続く

 

P.S.

ドロンジョさんとブラックジャックの

婚活動画面白いですね。

リアリティがない設定の二人が

リアリティある話をしているギャップに

企画した人の発想力の高さを感じました。

 

 

動画をみた感想をブログで

いつかまとめたいなと思いました。

 

よかったら読者のみなさんも見てください。

おすすめ記事一覧

1

ボクみたいな恋愛ど素人でも出会い系アプリを使うことで知り合うことができました。実際に登録したことのあるアプリを種類別に紹介していきます。読み終わる頃には登録したくなるかもです(笑) 目次1 目次2 ど ...

-フィールドレポート

Copyright© モテフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.