モテフォ

モテたいアラフォー、サラリーマンの努力と結晶。

映画のレビュー

宮崎あおいに学ぶ理想の女性像 | 舟を編む

更新日:

愚かな人間は沈黙しているのが最もよい。だが、もしそのことを知ったならば、その人はもう愚かな人間ではない。

ー トルストイ(小説家・思想家)

 

先日、映画「舟を編む」を見まして、

この中で登場する宮崎あおいが

めちゃくちゃ最高の女性だったので、

これをテーマに書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

左:宮崎あおい(以下、あおい)

女性ながら板前の修業を積んでる。

龍平の下宿先のおばちゃんの孫なので

ある時から同じ下宿先に住むことに。

 

右:松田龍平(以下、龍平)

出版社で辞典を作る仕事。

コミュニケーションを取るのが苦手。

 

 

二人はいい関係になり結婚。

ここはそんなに盛り上がるところでも

なかったので省略。

 

 

女性で板前という一風変わった女性。

 

職業は人を表すとはよくいったもので、

性格もちょっと変わっている。

どちらかというと、オトコに近い感じ。

 

そんなわけで

これまた変わった仕事をしている

辞典を作る龍平とウマがあったのだろう。

 

 

 

比較対象として登場するのが

依存心バリバリで、

同じ職場の同僚と同棲している

化粧水をたっぷり塗ってるこの子。

 

 

 

仕事中にもしょっちゅう彼氏に電話をしちゃあ

ちょっかいをかける

我々男性からするとめんどくさいキャラ。

 

 

 

とはいえ女性の多くはこっちに

共感するのだろう。

この映画もちゃんとバランスを

取っているなと感じる。

 

 

 

逆を言えば、あおいは

自立している女性だ。

 

自分も仕事をしつつ

旦那の仕事を影で支えるポジション。

 

 

そんなあおいのグッとくるポイントを

纏めてみました。

 

 

 

その1 旦那さんが寝落ちしてたらカーディガンをそっとかける

 

龍平が家に仕事を持ち帰って仕事をしていると

うとうととしてしまい寝落ちする。

ハッと目が醒めるとカーディガンが

かけられていたというシーン。

 

よくあるのが、

寝ているところを見つけると

ギャーギャーまくしたてる人。

 

 

もちろん心配からくる

行動なんでしょうけど、

正直、うっとうしい。

 

こっちは仕事に集中したいんだっちゅうの。

 

お前が騒ぐと仕事に

集中できひんちゅうねん。と。

 

基本、旦那が大事にすることを

一緒に大事にしてくれる

そういったメンタルがいいですね。

 

 

 

 

その2 泣いている旦那の背中をそっと支える

 

龍平は基本、感情を表に出さないタイプなんです。

そんな彼が夫婦での食事中に、

ふとした拍子に感情が表に出てしまう。

 

あおいは食事をやめ

彼の隣にいき背中をそっと支える。

 

 

そのシーンは一言も会話はなし。

 

わかってるねえ、あおいは。

そんなときにウダウダ喋られても

疲れるっちゅうねん。と。

 

 

何も言わずそっと支える

あおいのその絶妙な距離感、

世の女性たちにも学んでもらいたいですわ。

 

 

 

出版が最初だが

作者が女性だというのだからまた面白い。

女性の中でももしかしたら

あおいと同じような距離感を持って

夫婦生活をしているのかと思うと、

我々男性も目の前の女性に嘆いてばかりではなく

一歩外に出てこういった素敵な女性と

めぐりあいたいものだ。

 

 

最後に、映画の途中であおいは

髪を切ってくるのだが

これまた最高。

女性は黒髪ストレートですな。

 

 

 

仲良くなった女性に聞かれるのが、

 

「明日、美容院いくんだけど

 どんな髪型にしようか悩んでるんだよね〜」

「黒髪ストレートが似合うんちゃうん?」

 

「えー、そうかな、、、」

 

 

2週間ぐらいして会うと、

明るい茶色でパーマかけて登場(笑)

 

 

ボクもあおいのように

ウダウダ喋らず、

そっと寄り添うそんなパートナーになります、、、

 

 

終わり

 

P.S.

面白い映画とかありましたらご紹介下さい。

いくたも自分の経験だけでなく

他人の恋愛談からも学んでいく所存でございます。

おすすめ記事一覧

1

映画「昼顔」をみてきました。   とてもいい映画でしたので、 映画から感じた恋愛について書きたいと思います。 目次1 目次1.1 登場人物1.1.1 その1 恋愛への情熱1.1.2 その2  ...

2

あの日、あの時、ボクはやれたのだろうか? そんな昔のハナシではない。つい先週の出来事だ。   目次1 目次2 やれたかも委員会3 仕事ができるバリキャリ風女子4 ただの飲み友達と思った先週の ...

3

社会人4年目、心のスキマを埋めるべく半年近くキャバクラにお金をつぎこんだ。 が、しかし、残ったのは楽しかった思いでとその倍ぐらいの借金。   目次1 目次2 仕事以外にやることがない社会人4 ...

-映画のレビュー

Copyright© モテフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.