モテフォ

モテたいアラフォー、サラリーマンの努力と結晶。

フィールドレポート

紅葉① 〜スカートとブーツの間にあるもの〜

更新日:

生きている限り個性は誰にでもある。

それが表から見えやすい人と、見えにくい人がいるだけだよ。

ー 村上春樹(小説家)

 

11月某日、青山。

 

前日のコンパで思わぬ出費と、

その後に彼女から呼ばれて

夜な夜な話に付き合ったせいもあり、

かなりの疲労感の中で訪れた

土曜日の昼。

 

ただ、ここ最近のいくたは非常に充実していて

貪欲さの塊。

 

 

イベントに誘われては出かけ、

連絡先を交換した女性は

片っ端からアポイントを取り、

実際にあってみてから、

可能性の有無を判断する。

 

少し前までは

LINEのやり取りを通じて

可能性がある女性と

そうでない女性をしっかり

見極めてから

アポイントを取っていたが。

 

最近は連勝続きということもあり

ある程度の自信もあっての

このスケジューリングになっている。

 

青山一丁目の長い階段を抜けた地上には

イチョウ並木を見に来ているカップルで

かなり多く賑わっていた。

 

ボクはこの人の多さが苦手だ。

歩くときに気にしたり

何かと行列になって待つ必要が出てくるから。

 

ただ女性とデートをする上では逆だ。

むしろ周りの人達の流れというか

雰囲気を利用させてもらって、

あたかも長い付き合いのカップルの

如く振る舞えるからだ。

 

これから会う女性は

出会い系アプリを通じて知り合った。

 

マッチして二、三日ほどやり取りを

して、今日のアポが決まった。

 

東京のかなり西の方に住んでおり、

地元で栄養士の仕事をしているらしく、

ボクが都内でアポを取ろうとしたら

土日でとうこともあり、

今日のこの時間になった。

 

彼女は既についているらしく、

地上に出たところで電話。

 

「どーもー、いくたです〜、着いたよ!」

「私も着きました。どこですか?」

 

明るい声が返ってきた。

あまり人見知りしない性格なのだろうか?

あるいは、出会い系をこよなく愛する

ベテランユーザなのか?

 

そんなことを考えながら待ち合わせ場所を決める。

 

「ボクはカフェの前にいるよ!

どこにいる?」

「私は、、、わからないw」

 

どうやら前者のようである。

 

多くの女性は地図を読むのが苦手だし

苦手ということを利用して

調べようとしない人達が一定数いる。

困った。。。

 

よくよく話を聞いているとどうやら

まだ地上に出てきていないらしい。

 

それは目印もないわけだ。

5分くらいやり取りし無事合流。

 

ワンピースにロングブーツで

現れた彼女。

 

スタイルには結構自信があるようだ。

とても似合っている。

 

それなりに気合いの入った格好で

今日のアポは主導権を持って

進められそうなそんな予感。

 

※イメージです。

 

イチョウ並木を歩いていると大勢の

カップルが手をつなぎながら散歩をしている。

 

近くによるタイミングを探してたところ

パッと思いついた。

 

「紅葉見に来たの今年だと今日が最初だ!

せっかくだし写真撮ろうよ」

 

と、言ってインカメにして

さり気なくツーショット写真をとりにいく。

 

「もうちょっと近くに寄りなよ。

それじゃ入らないよ」

パシャり。

 

「上手く取れたかな?

おっ、いい感じじゃん!」

「本当だ!いい感じに撮れてる!」

 

ボクのスマホを覗き込む彼女。

いい距離感だ!

 

写真を撮り終わって

再び歩きだすタイミングで

さり気なく手をつなぐ。

 

「えっ!もう手をつなぐの?」

「ん?ダメかな?」

「ちょっと早すぎじゃない?チャラい!」

「確かに〜」

 

と、言ってそのまま手をつないで

歩き出すボク。。。我ながら、、、チャラいw

 

彼女の様子を見ていると

とても楽しんでいる様子だ。

 

それがボクの会話によるものなのか?

掴みきれない部分もあるものの

雰囲気を壊さずどんどん先にすすめていく。

 

「近くにオシャレなカフェあるから

お茶していこう!」

 

青山から表参道に歩く道すがら

カフェを探す。

 

このあたりはオシャレなカフェが

多く女性心をくすぐる。

 

ボクは正直どこでもよかったが

喉が乾いてビールを飲みたくなったので

アルコールが置いてあるお店を探す。

 

カウンター席のあるお店で

ビールと、彼女はカクテルを注文。

 

珍しい、

女性が昼間からアルコールを注文するとは。

それだけ気を許しているということなのか?

 

それとも、、、

続く

 

P.S

 

朝一でジムに行って

トレーニングをしてたのですが

頑張りすぎて

無駄にテンション上がってますw

 

しかも帰りの電車で

若いカップルがボクの

後に乗ってきたのですが、

 

女性の髪の香りが素敵すぎて

電車内でチ◯コがフルMAXに

なってました。

やばいです。。。

おすすめ記事一覧

1

ボクみたいな恋愛ど素人でも出会い系アプリを使うことで知り合うことができました。実際に登録したことのあるアプリを種類別に紹介していきます。読み終わる頃には登録したくなるかもです(笑) 目次1 目次2 ど ...

-フィールドレポート

Copyright© モテフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.