モテフォ

モテたいアラフォー、サラリーマンの努力と結晶。

未分類

遊び人 | そう思われたくない男性へ

更新日:

アラフォーバツイチおじさんこと

いくたは遊び人だ。

 

かつては遊び人という肩書が

キライだったが、

いつしかそう言われても

気にならなくなった。

 

本当は遊びまくりたいけど、

遊び人と言われるのが嫌で

おとなしくしている人へ

・一歩踏み出すような、

・背中を押すような

そんな記事を今日は書く。

 

 

目次

 

 

 

なぜ遊び人はイケナイ?

「いくたさんは遊び人だから

 気をつけたほうがいいよ」

 

「結局、私をもてあそんでるんでしょ?」

 

多くの女性からそう言われ

一人、また一人と女性が離れていった。

 

女性は遊び人がキライのようだ。

 

まあそうだろう。

 

付き合ってる年頃のカップルなら

結婚を意識する。

結婚してから遊ばれて

最終的に自分と子供を置いて

家を出られるようだと困るからだ。

 

懸命な読者の皆様なら

容易に想像が付く。

 

なので我々も遊び人には

ならないように気をつけるし

遊び人の人はバレないように

気をつける。

 

一夫一婦制という制度が存在し

先進国では当たり前となっている。

 

こうした法律からも

遊び人はどこか社会不適合者の

扱いを受ける。

 

目の保養

 

女性のメリット

遊び人ではない男性を女性は求める。

なぜか?

経済力の担保に他ならない。

 

我々は所詮、お金を家に入れるために

存在しているだけなのだ。

 

結婚して急に所帯じみて

毎日ヨレヨレのTシャツに

ジーンズという格好。

 

外で色んな方々との付き合いがあるのに

毎日出かける旦那には1日500円しか渡さない。

 

結婚してしまうと

女性は急に自分の経済面しか

考えなくなり

結婚の前後で全く別人になる。

 

結婚するまでは沢山言ってくれた

「あなたが好きよ〜」

 

というセリフを正しく日本語に訳すと

(既に日本語だが、、、)

 

「毎月お金を家に

 入れてくれる人が好きよ〜」

 

に、他ならない。

 

まだ女性に言われたことがない人は

先に知っておいて欲しい。

 

冷静に考えてもらいたい。

本当に愛すべき人に

「1日500円でやりくりしてね。」

 

なんて言うだろうか?

 

年収1千万稼いでいる

当時の部長が毎日コンビニのサンドウィッチを

買っている姿をみて

男性は弱い生き物と知った。

いくたが社会人2年目の出来事だ。

 

 

社会のメリット

社会から見ても一夫一婦制に

メリットがあったのだ。

 

以前、恋愛マーケットの実態を

そのまま書いた記事があった。

 

恋愛は弱肉強食の世界 | 二割の男性が八割の女性とセックスする

アラフォーバツイチのいくたが 恋愛術を学ぶまでは 女性から散々な目に合わされてきました。   しっかり恋愛術を学んでからは つながりたいと思う女性とは かなりの確率でつながれるように なりま ...

続きを見る

 

男性の上位二割が八割の女性とセックスをする

という過激なメッセージを書いている。

 

市場の原理原則に乗っ取ると

こうなるのだが、

問題なのは残った八割の男性だ。

 

女性とは結婚できず

下手したら素人童貞を卒業することなく

朽ち果てていくのである。

 

「何のために産まれてきたっちゅーねん!」

 

って、話です。

 

冗談じゃないです。

しかもそれが男性の八割だから困った。

 

縄文時代であれば

平均寿命が15〜16才だったので

 

「セックスしてー」

 

と思った頃には死んでたかもしれない。

 

それが時代が進むに連れて

少しずつ寿命が伸びてくると大変。

 

セックスできない男性の八割が

暴れだすと国として機能しなくなる。

 

会社に行って

パソコンに電源入れてる場合じゃない。

とにもかくにもセックス!セックス!

となってしまう。

 

 

そこで1:1にしようと

国がルールを決める。

 

モテる二割の男性を縛り付けて

モテない八割を救済する措置。

 

それが一夫一婦制。

 

「普通にしてれば皆結婚できますよ。

なのでお仕事も頑張って

国を豊かにしていきましょう」

 

明治時代のお偉いさんが決めたらしい。

 

一生モテずに死んでいく人には

一夫一婦制で楽しく暮らして

頂けたらいいと思う。

 

ボクは恋愛術を学び

見た目を改善して、

努力でモテ側に移動した。

 

モテるとモテるなりに苦労する。

 

ボクと同じように苦労する人が、

どういった

立ちふるまいをしたらいいか

自分の考えをシェアしたいと思う。

 

 

遊び人の心構え

大前提として少数派なのだという

ことを知っててもらいたい。

なので大きい声で正論を語っても

多数派には負けてしまうのだ。

 

少数派なりの方法がこちら!

 

コミュニティに参加する

ボクは少数派のコミュニティに

幾つか参加している。

少数派同志が集まれば多数派になる。

当たり前だが。

 

ボクはそこでの情報交換を

大事にしている。

 

そんなコミュニティに

今遊んでいる女性を入れても

恐怖の後に退散するだろう。

 

全く住む世界が違うということだ。

 

かつては多数派に従って生きてきたが

少数派は少数派なりに楽しかったりする。

 

あなたの心のおもむくままに

コミュニティを選んでもらいたい。

 

インターネットで、

エロいキーワードを入れて頂ければ

LINEのコミュニティが色々出てくる。

 

いくたにメールしてみる

もちろん、ボクに直接連絡を

してくれてもオッケーだ。

 

この記事を読んで少しでも

共感してくれたのであれば、

あなたは既に少数派の人間だw

 

価値ある情報をお互い

交換できたら嬉しいと思う。

 

お問い合わせ

 

メルマガに登録してみる

 

「いきなり直接連絡しても、、、」

 

「ちょっと恥ずかしいわ、、、」

 

そういう方にはまずメルマガをおすすめする。

 

定期的に少数派の意見に触れる

機会を作っていくのもいいと思う。

 

触れ続けるウチに

きっと自信も湧いてくるだろうし

具体的な一歩を踏み出す瞬間も

やってくるだろう。

 

そういうお手伝いをできるよう

メルマガも全力でやっていきたい。

 

 

スマホ

→下へスクロール

 

パソコン

→左上に移動

 

有益な情報をメルマガで配信していきます。

 

 

まとめ

社会的な理由から

遊び人が排除される

世の中になっている。

 

それをわかったうえで

是非一緒に遊び人として

心のおもむくままに

若くてエロい美女と

セックスしまくろう。

 

こんな記事も書いていますw

おすすめ記事一覧

1

映画「昼顔」をみてきました。   とてもいい映画でしたので、 映画から感じた恋愛について書きたいと思います。 目次1 目次1.1 登場人物1.1.1 その1 恋愛への情熱1.1.2 その2  ...

2

あの日、あの時、ボクはやれたのだろうか? そんな昔のハナシではない。つい先週の出来事だ。   目次1 目次2 やれたかも委員会3 仕事ができるバリキャリ風女子4 ただの飲み友達と思った先週の ...

3

社会人4年目、心のスキマを埋めるべく半年近くキャバクラにお金をつぎこんだ。 が、しかし、残ったのは楽しかった思いでとその倍ぐらいの借金。   目次1 目次2 仕事以外にやることがない社会人4 ...

-未分類

Copyright© モテフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.