モテフォ

モテたいアラフォー、サラリーマンの努力と結晶。

自己紹介

恋愛術を学ぼう | 失われた15年を取り戻す旅

投稿日:

タイトルにもなっている「おじさん恋愛術」

 

恋愛術というタイトルもあいまいだが、

なぜに恋愛術というものをこれだけ

アラフォーおじさんのいくたが推すのか?

 

ボクの過去を振り返りつつ、

みなさんにオススメする理由を語ります。

 

恋愛初心者の方はもちろん

我流でそれなりに頑張ってきた人にも

きっと参考になる話だと思います。

 

目次

 

 

 

 

女性の見方が180度変わる

結論から言うと恋愛術を正しく学ぶと

女性の見方が変わる。

 

モテる・モテないの一番の違いは

同じ目の前にいる女性をどう見てるかの違い

 

これに尽きると思う。

 

例えば学生時代。

クラスメイトで一人か二人

モテる男性がいたと思う。

 

その男性をして

何がモテる理由なのか?

 

逆に自分がモテないのは

その彼とどんな違いがあるからなのか

それを説明できるだろうか?

 

顔?

身長?

勉強ができる?

足が速い?

 

 

 

いくたの周りにもいました。

ボクから見るとイケメンでも

ボクと一緒に金曜日の夜に

居酒屋で

「なんで彼女ができないんだろう?」

と、語り合った友人が。

 

 

別に彼が悪いというわけではないですが

見てくれがいいからモテるわけではない。

 

 

いくたの我流恋愛時代

ボクはイケメンになったら

モテるに違いない。

 

ずっとそう思ってきました。

 

そう思うことで

コンパで知り合った女性と

上手くいかないときの言い訳が

できたというのが本当の

ところなのかなと、

今、振り返ると感じます。

 

(嗚呼、情けない、、、)

 

 

イケメンになるのはムリだとしても

何かモノを持つことで

モテるのではないかということで

 

車を買って

ドライブが上手くなるように

練習したり。

 

 

バイトで稼いだお金をつかって

車に色んな装飾品をつけてましたw

 

 

もちろん車好きな女性がいれば

食いつきがあがったのでしょうが

車好きの女性の層が薄いのと

自分が求めている女性のタイプと

マッチしていなかったせいもあり

車による効果は

ほとんどなかったと思います。

 

こんな感じで

一生懸命自分になりに努力するものの

方向性の違いで結果が

伴っていない状況が

10数年続きました。

 

たとえるならば

東京に住んでいて大阪に行くのに

一生懸命、北へ北へ向かってる感じ。

 

 

変りたい想いや

努力を惜しまないことに関しては

すごくあったのに

使い方を間違えて

とんでもない時間とお金を

浪費してきたなと思います。

 

 

女性とつながらない原因を女性のせいにしてないか?

読者の皆様におかれましても、

好きな女性がいる

新しい出会いを探して外に出ている

など、日々前進している方も

沢山いると思います。

 

仮に過去の恋愛が上手くいかなかったとして

その原因を振り返ったりしてますか?

 

また振り返ったところで

他人のせいにしていませんか?

 

実際あるでしょう。

世の中には問題多き女性もいますので。

 

ただそればっかりだと

自分の成長もなければ

いつまで経っても同じようなレベルの

女性しか口説けない。

 

フルで恋愛に時間とお金を使える期間は

本当に短いです。

 

出世する

結婚する

 

30才を超えるあたりからは

どんどん社会的な責任を背負い

生きていくことになるので、

自由な時間が減っていきます。

 

 

若い時と同じようなやり方では

恋愛マーケットで生き残るのが

難しくなっていきます。

 

我々おじさんにとってこそ

恋愛術を学ぶことにはものすごく意味があります。

 

女性を選べる立場になる

いくたは30真ん中過ぎたころに

ようやく自分のやり方にメスを入れ

世の中のモテる人たちが何をしているのか?

 

どうやってその状態を作ってきたのかを

学ぼうと決めました。

 

 

やり方は人それぞれで

沢山の方々を知っていくうちに

ある人は右ということを

ある人は左ということもありました。

 

 

途中、道がわからなくなったことも

ありましたが、

実体験も交えていくうちに

徐々に見えてくるようになりました。

 

大学時代

社会人成り立ての時代

 

良かれと思ってきたことが

全く違ったことに気付かされ

ビックリしました。

 

 

それまでは一生懸命

女性を追いかけ

プレゼントを用意し

毎日くだらないLINEの

やり取りをして、

今日も一歩近づいた!

 

と、思ってました。

 

今では

そんな気を遣うようなLINEはしないし

クリスマスや誕生日の

プレゼントも全く用意しません。

 

それでも

素敵な女性に囲まれ

合鍵を渡され

いつでも来ていいといわれるようになりました。

 

追う立場から

追われる立場に。

 

 

女性から選ばれる立場から

自分で女性を選べるような立場に。

 

 

皆さんはどちらの人生がいいですか?

 

 

まとめ

恋愛術を学び正しい見方で

女性と接することで

楽しい人生

自分で人生を動かしているという実感を得られます。

 

ブログやメルマガを通して

これからも大事な考え方や

テクニックをご案内していきます。

 

メルマガ登録がまだの方は

これを機に是非ご登録を。

おすすめ記事一覧

1

映画「昼顔」をみてきました。   とてもいい映画でしたので、 映画から感じた恋愛について書きたいと思います。 目次1 目次1.1 登場人物1.1.1 その1 恋愛への情熱1.1.2 その2  ...

2

あの日、あの時、ボクはやれたのだろうか? そんな昔のハナシではない。つい先週の出来事だ。   目次1 目次2 やれたかも委員会3 仕事ができるバリキャリ風女子4 ただの飲み友達と思った先週の ...

3

社会人4年目、心のスキマを埋めるべく半年近くキャバクラにお金をつぎこんだ。 が、しかし、残ったのは楽しかった思いでとその倍ぐらいの借金。   目次1 目次2 仕事以外にやることがない社会人4 ...

-自己紹介

Copyright© モテフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.