モテフォ

モテたいアラフォー、サラリーマンの努力と結晶。

映画のレビュー

オダギリジョーから学ぶ恋愛術

更新日:

いくた
先生、昔からモテる人ってなぜかまわりに女性がいるのですが、ボクの周りにいないのは何でですか?
先生
モテるやつにはモテるオーラがあるんじゃよ。
いくた
オーラ?
先生
そう、言葉では簡単に表すことが難しいんじゃが、あるんじゃよ。今日はモテる男を見てオーラを一緒に感じ取ろう

 

目次

 

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」

先日、友人からの勧めで

湯を沸かすほどの熱い愛という映画を見ました。

 

そこに登場するのがオダギリジョーですよ。

 

いくた
カッコいいすか?
先生
ワシも、イマイチピンとこないが。カッコよさに気づかないからいつまでもワシらはかっこよくないのじゃよ

 

なんとも微妙な返しですが、

カッコいいの代表格として

長年映画で大活躍している、

オダギリジョー。

 

11歳年下の奥さんと31のときに

結婚して子供もいる

まあ理想的なライフスタイル。

 

イケメンと認めたほうが良さそうですね。

 

映画の中でもイケメンぷりを発揮。

 

あらすじ

主人公宮沢りえがガンの宣告を

言い渡され余命2〜3ヶ月から

話はスタート。

 

自立できていない家族が不安で

死ぬまでにということで、

奮闘する姿を描く映画です。

 

主人公の宮沢りえと

その娘役の杉咲花の演技が

素晴らしい!

 

素晴らしすぎて

引き込まれること間違い無しの映画です。

 

個人的にはオダギリジョーは、、、

 

仕事は、、、できない

映画の中でのオダギリジョーは

仕事ができないぐうたらな旦那さん役。

 

物語がスタートする1年前から

ふらっと蒸発して他の女のところに。

 

奥さんに見つかって

家にスゴスゴと返ってくるところから

物語が始まる。

 

対して経済力があるわけでもなく

宮沢りえに言われるがまま

元々やっていた銭湯を再開する。

 

、、、ダメじゃんw

 

そうなんですそんなキャラなんですが、

 

人間関係を作るのが上手い

これですね。

映画の中でのオダギリジョーの凄さは。

 

相手のふところに入る上手さが

彼の持ち味。

色んな登場人物が現れますが、

その絶妙な距離感で味方を増やしていく

姿はものすごく勉強になる。

 

実生活でもそうなんだろうか?

 

居心地のいい場所をつくろう

「いやあ、まいったなあ」

「どうしよっかな」

「困ったなあ」

「そう言われても」

 

彼の口癖ですね。

 

物事がなかなか前に進まないw

 

回りにいる人は

全くしょうがないなあという

距離感で接してきます。

 

それが例えば、

意識高い系の人だったらどうでしょう。

 

どんどん先を進む。

理想に向けて頑張る。

 

悪くはないですが、

周りからするとちょっと居心地が

悪くなるのかもしれないですね。

 

前進するべくチャレンジするのはいいですが

人との距離感においては居心地の良さを

少し配慮するとよりよい人間関係を作る

ことができるかもですね。

 

居心地いいところに人はとどまる。

 

映画の醍醐味

そんなオダギリジョーもクライマックスでは

ビシっと決めてくれます。

そこもモテるポイントですね。

決めるときは決める。

 

 

 

まとめ

自分の近くのイケメンをみつけて

自分と何が違うのか探してみましょう。

 

本日ご紹介した

・居心地のいい場所をつくる

・決めるときは決める

 

これを実践するだけでも

周りの女性からの反応も全く違うと思います。

 

 

 

おすすめ記事一覧

1

ボクみたいな恋愛ど素人でも出会い系アプリを使うことで知り合うことができました。実際に登録したことのあるアプリを種類別に紹介していきます。読み終わる頃には登録したくなるかもです(笑) 目次1 目次2 ど ...

-映画のレビュー

Copyright© モテフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.