モテフォ

モテたいアラフォー、サラリーマンの努力と結晶。

自己紹介

楽しいが一番 | 同期の女性からの一言

投稿日:

管理者いくたのプロフィールにようこそ。なんでこのブログを始めようと思ったのかキッカケになる出来事があったので簡単にご紹介したいと思います。

 

目次

 

お見合いパーティーでの惨敗

その日、いくたは秋葉原にいた。

今日はどちらからいらっしゃったんですか?
ボク

「新宿です。職場が新宿でして。」

そうなんですね。趣味はなんですか?
ボク

「映画見たり、友達とご飯にいったり」

ペットとか飼ってますか?
ボク

「いないです。」

、、、。血液型は、、、
ボク

「A型です。」

A型でしたか、、、、星座は?
ボク

「、、、」

 

けたたましくブザーが鳴る。どうやら交代の時間のようだ。3分間という制限時間の中で初めましての女性とトークをするというのがこのお見合いパーティーの仕組みだ。なんとか一人目を終えてほっと一息。だが、すぐ席替えをして次の女性と会話をスタートせねばならない。短い時間で効率的につくられた仕組みではあるが、いくたにはなかなか重たい時間だ。今日はあと19人の女性と同じことを繰り返す。先が長い。二人目の女性を迎えて、再び営業スマイルをする。(いくたは営業ではないがw)

 

「本日はありがとうございました!カップルが成立されました方はそのまま席に残られて、まずはカップル成立しなかった方から先にお帰りのご準備をお願いします。」

 

40人くらい来ていたのだろうか会場は。結局10人くらいの男女を残してボクらカップル不成立だった男が先にエレベーターで一階に降りる。金曜日の夜21時、秋葉原。世の中はハナキンで浮かれ気分。カップル成立した男女はこのあと二人で秋葉原の夜に消えていくのだろう。取り残されたボクらにはあまりにも残酷な時間帯だ。お腹が空いて何か食べて帰らないと。ボクはしばらく歩き、二郎系ラーメンを出している「野郎ラーメン」に入った。

 

 

お腹いっぱいになって終電までにはまだ時間があったのでそのまま近くの漫画喫茶に。久しぶりにスラムダンクを読んでめっちゃ感動する。

 

インターハイ行きの切符をかけた陵南戦の最後のシーン。主人公桜木花道が豪快にダンクを決め試合を決定付けたか!?という場面で慢心にならず、ホイッスルが鳴るまで集中している花道のカッコいい場面だ。実は練習試合で陵南と試合をしていたが、この時は花道が「勝った!」と慢心した瞬間、ラスト5秒からの大逆転をされたというシーンを知ってるとさらにジーンとくる。そんなことをしながら、持ち込んだ缶チューハイを飲んで、気が付いたら土曜日の朝を迎えてた。

 

同期に笑われる

月曜日の朝、会社に行くといきなり同期の佐藤から声をかけられた。

「よお、金曜日の夜はどうだった!?アレだけ早く会社を出るってことは、、、女とデート行ったんだろ?」

 

野郎ラーメンとスラムダンクですっかり流してしまった金曜日の敗戦のできごとがよみがえってくる。

 

お見合いパーティーに行ってて、、、
ボク

「おお、それはそれは。んで、結果は?」

あ、わりい朝から会議で準備しないと
ボク

「おいおい、〇か×ぐらいは答えられるだろ」

ぼろ負けだよ。サッカーで例えるなら3-0。
ボク

「あー、やっぱり!(笑)」

うるせえ
ボク

「てかさ、違くて。前に会社辞めた同期の高田さんから連絡があって。同期会やろうって」

 

高田さんはボクら入社時の同期で3年目に辞めてしまって、今は美容業界でバリバリ営業をしているらしい。お互い忙しくてめったに連絡を取らないのだが。

そうか、同期会いいな。日程調整よろしく
ボク

「ほいよ」

 

同期は他にもいたがみんな予定が合わず結局佐藤と高田さんとボクの3人で五反田の居酒屋に集合することになった。当日の夕方、メールが入る。調整役の佐藤はこの日に限って仕事の打合せが遅くなるということで先に飲んでてくれと。飲み会は21時集合なのに、打合せが入るとは。日本のサラリーマンも忙しい。ボクは時間ピッタリに居酒屋に到着し中に入る。すると、高田さんは既に席についていた。

 

同期の女性からの強烈なパンチ

社会人1年目、入社当時からIT業界らしからぬ雰囲気の高田さんはやはり水が合わないというか空気が合わないというかであっという間に辞めてしまった。デパートの1階の化粧品売り場にいそうな雰囲気を知り合った当初から感じていた。

 

「いくたくん、久しぶり」

高田さん久しぶり!相変わらず元気だね(化粧濃いねw)
ボク

 

久しぶりに会ったが雰囲気は変わっていない。バリバリ仕事をするキャリアウーマンといったところだ。ボクはまた営業スマイルで一生懸命会話する。早く佐藤よ来ないかなあと思いつつ。

 

仕事の調子はどう?
ボク

「頑張ってるわよ~、来週から上海に出張で!」

そういえば、彼氏は?できた?
ボク

「うんん、まだ。」

趣味のテニスは最近行ってる?
ボク

「仕事が忙しくて、、、」

 

今日も話は盛り上がらない。お酒の力を借りよう。そう思って焼酎のロックを注文する。勢いよく飲んでテンションを上げる。さあて、もうひと踏ん張り、と思ったところで佐藤が遅れて登場。時間はすでに22時を回っていた。

 

目が覚める

「佐藤くん、久しぶり」

「おう、ハルコ元気してたか?今日はお兄ちゃんは?」

 

高田さんは名前がハルコという。そう、スラムダンクで登場するヒロインと同じ名前だ。ボクらは入社当時からよくイジッてた。

てか、お前あいかわらずスラムダンクネタやな
ボク

「お前は?違うん?」

いや、変わらずやで。先週末もスラムダンクに囲まれて寝てたし
ボク

「(笑)」

21巻の陵南戦で花道の「戻れ。センドーが狙ってくるぞ」のセリフはマジかっこいいわ。試合に集中してて、いい顔つきしてる。
ボク

「おー、アレな。一度、練習試合で仙道にやられてるからなあ」

井上雄彦もすごい伏線はってるわ。マジ鳥肌もん
ボク
あ、わりい高田さん、またマニアックな話で勝手に盛り上がってた
ボク

「ううん、楽しそうに話してるいくたくんみて私もスラダン読みたくなった」

へっ!?
ボク

 

目からうろこが落ちる瞬間。一生懸命周りに気を使ってはなしを振っていたものの、かえって話が盛り上がらず。それが、自分が楽しそうに話すことで周りを自然に巻き込んでいたとは。気を使って女性を楽しませようとしているうちに、自分が楽しくなくなっていては本末転倒だなと。そんなことを気づかせてくれた同期二人に感謝だ。

 

「もっと自分を出したらいいのに」

自分を出す?
ボク

「そうそう、その方が人が集まってくるんじゃない?」

そうなん??
ボク

「いきなりは難しいかもなんで、例えば日記とか?」

日記?なんか恥ずかしいわー
ボク

「そう?みんなやってるよ、ブログとかいうのかな今だと」

おー、ブログか。。。
ボク

 

「ええんちゃうの?wwwww」

適当なノリの佐藤が横からガヤを入れてくる。そんなワケでボクのブログ生活が始まった。スラムダンク好きのサラリーマンが女性とのコミュニケーションで気づいたことを書いていくそんな内容になります。今後も興味ありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

 

まとめ

恋愛は楽しいが一番!気を使いすぎて疲れているようだと本末転倒。

 

オススメの記事

管理者いくたの経験をまとめた記事になります。いくつかの時代でわけていますので興味ある時代がありましたらクリックを。

 

社会人スタート時代。THE非モテ。女性に振り回されまくってます。キャバクラでお金つぎ込みまくってます。笑ってやってくださいw

小悪魔女子にハマる | 社会人3年目

ボクの中で非モテ時代と呼んでる 社会人1年目から離婚に かけての話をしようと思う。   目次1 目次2 IT業界は肉体労働者の集まり3 タイプの異なる美女3人4 歓迎会でアタック、、、!?5 ...

続きを見る

 

実はバツイチでして、結婚しているときにコッソリ遊んでいる記事です。

 

最近の記事です。今も素敵な女性を探して旅は続きます。

厄払いデート | 礼儀作法のある女性

ボクが普段どんな感じで彼女と遊んでいるか 書いてみたいと思います。 礼儀正しく可愛い女性と付き合うと 何気ない日常も楽しくなります。   目次1 目次2 正月早々に救急車で運ばれる3 目黒駅 ...

続きを見る

 

 

 

おすすめ記事一覧

1

ボクみたいな恋愛ど素人でも出会い系アプリを使うことで知り合うことができました。実際に登録したことのあるアプリを種類別に紹介していきます。読み終わる頃には登録したくなるかもです(笑) 目次1 目次2 ど ...

-自己紹介

Copyright© モテフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.